新潟県十日町市 南鐙坂十二神社祭禮 日記

2017年8月26日、管理人は新潟県十日町市へ亜耶ちゃんのステージを観に行きました。十日町市の南鐙坂(みなみあぶざか)にある十二神社祭禮の前夜祭に亜耶ちゃんが出演です。

●いざ、十日町へ
北越急行ほくほく線です。当サイトでは3回目の登場です。2012年10月の第12回 仙田の収穫祭、2013年8月の四十日八幡社お盆祭典のときも利用させて頂きました。今回の車両は「ゆめぞら号」と言って車内にプロジェクターが設置されトンネル内で映像を楽しめるようになっていました。今回は残念ながら上映ダイヤではありませんでしたが、また機会があれば乗ってみたいです。ほくほく線は2017年で開業20周年です。北陸新幹線が開業してからは営業的に厳しいものになりましたが地域密着でがんばっています。十日町駅には20周年を記念してたくさんの学生さんの寄せ書きなどが展示されていました。
(このページの写真は全てクリックすると拡大します)

●南鐙坂十二神社
会場となった南鐙坂十二神社は、十日町駅から西へ道のりで5kmほどにある南部農協前というバス停のそばです。管理人はバスの時刻を調べることができなかったので往復タクシーを利用しました。農協には亜耶ちゃんのポスターも貼ってありましたよ。このお祭りはネットで検索してもあまりヒットしませんが、お社の中に過去に出演された歌手のポスターが何枚か貼ってありましたのでお名前をご紹介します。山口瑠美さん「雨の錦帯橋」2015年出演、沖田真早美さん「晩秋」、美咲あかりさん「夫婦灯り」2016年出演、順弘子さん「みちのく 田沢湖 角館」。出演年はポスターのサインの日付から読み取りましたが、不明な方もありましたのでポスターの曲名も書きました。


●会場とお祭りの進行
会場はお社の右側にステージが作られ、客席を含めてブルーシートの屋根が付けられます。ですから多少の雨でも大丈夫です。それ以外にお社の左側には丸テーブルと椅子が置かれ、テーブル席でビールを飲みながらステージを楽しむこともできます。さらに左にはビールや食べ物のテントがありました。
お祭りは17時30分にスタート、地元の中学校吹奏楽部の演奏で始まりました。そして子供たちのダンス、来賓挨拶があり、続いて地元の小学校三年生の女の子の小唄披露がありました。この子はなんと「十日町小唄日本一に輝いた南鐙坂の歌姫」だそうで、すばらしい小唄の数々を披露してくれました。そのあと地元の小学生の皆さんの校歌合唱もありましたよ。

●亜耶ちゃんの歌謡ショー
そして亜耶ちゃんの歌謡ショーが始まりました。司会の人が紹介の言葉を述べただけで早速の歓声と指笛が湧き上がりました。 このお祭りでは「おひねり」が盛んです。テーブル毎にティッシュ箱が置かれていて、ティッシュにお金を包んでステージに投げるのです。吹奏楽部の皆さんや十日町小唄日本一の女の子もたくさん「おひねり」を頂いていましたが、もちろん亜耶ちゃんもMCの度にたくさん頂いていました。「おひねり」だけではありません。クラッカーの音も飛び出しました。「となりのトトロ」は子供たちだけでなく大人の皆さんも合唱してくれました。 途中では、地元で合鴨農法で作ったお米のプレゼントもありました。その様子は亜耶ちゃんのブログにあります。続いてのデュエットコーナーも盛り上がりました。 終盤なんと重大発表、亜耶ちゃんは2017年9月27日に日本クラウンに移籍して「諏訪しおり」に改名しますが、その新曲「佐渡恋情」が新潟県の歌ということで、このお祭りで初めての披露となりました。お客さんは大喜びでした。管理人も初めて生歌が聴けて嬉しかったです。最後はもちろん「北の大地で輪になろう」で盛り上がりました。



当日は十日町駅前でも大きなお祭りがあり、さらにお隣の北鐙坂でもお祭りということで、このお祭りの始まった頃はお客さんもまばらでした。でも演目が進行するにつれてだんだん増えてきて、亜耶ちゃん出演の頃には満席になりました。司会の人も「皆さん来てくれました。鐙坂の人は愛がありますね」と言っていました。
2017年の夏は雨が多く、十日町でもこの日の早朝に激しい雨があったそうです。でもお昼にはすっかり晴れ、夕方には涼しくなり、絶好のお祭り日和になりました。亜耶ちゃん、お疲れ様でした。そして南鐙坂の皆さん、ありがとうございました。


亜耶ちゃんのブログはこちらです。
http://blog.abundance-music.com/?eid=1090852

新潟県十日町市 南鐙坂十二神社の場所はこちらです。
新潟県十日町市南鐙坂1410番地
http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?lat=37.1288&lon=138.7212&z=16


2017/09/02掲載