たてしなスマイル交通のご紹介

たてしなスマイル交通シラカバ線バス


たてしなスマイル交通シラカバ線バス 拡大画像

たてしなスマイル交通は、立科町が地元の公共交通の便を町営で提供しているものです。
立科町北部にある町役場を中心として北部一帯を循環する「東回り線」「西回り線」「南回り線」と、立科町役場から女神湖や白樺湖のある南部までを往復する「シラカバ線」があります。それぞれの路線のイメージキャラクターもあるんですよ。
おこめちゃん りんごちゃん おやまちゃん
あれ、南回り線が居ない!

とくにこのシラカバ線は、昔千曲バスが佐久市の岩村田・佐久平から立科町役場を経由して白樺湖まで直通で運行していたものを、利用者の減少のため、立科町役場〜白樺湖間の運行を打ち切ったので、それを立科町が引き継ぎました。
人口の少ない地域の公共交通をいかに確保するかのテストケースとして、色々と模索中のようですが、なんとかがんばって、町の顔として活躍してほしいと思います。
写真をクリックすると元のページに戻ります。


たてしなスマイル交通を運営している立科町のホームページはこちらです。
http://www.town.tateshina.nagano.jp/

たてしなスマイル交通の路線図・時刻表のページもありますがリンク先が変わる可能性もありますので、上記トップページにある「たてしなスマイル交通」のバナーをクリックしてください。

長野県立科町 清瀬市立科山荘クリスマスディナーコンサート 日記へ戻る

2010/12/26掲載